警告!アオリイカのゲソ

スポンサーリンク

いつも、ご訪問ありがとうございます。

よろしければ、励みになりますので

応援のワンクリックをお願い致します

   

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

先日、恩師からアオリイカの

恐ろしい話をお聞きしました。

スポンサーリンク

アオリイカのゲソには注意!!

私の周りにはイカゲソの刺身が

好きな方が結構います。

イカゲソを刺身にするには

下処理が必要です。

その下処理での恐ろしい体験談です。

イカゲソを刺身にするには

先ず、ゲソを塩揉みして

ヌメリを取り除きます。

調理ボールにゲソと塩を入れ

指先でゲソを揉みます。

その作業中、指先に激痛が走り

慌てて指を見てみると、なんと流血・・・

ボールに入っているゲソをざるに入れ

水道水でヌメリを洗い流しざるの中を見ると

なんと1本の釣り針が

005 (1)

(↑現物の針とは異なります)

この釣り針で指を刺したのです。

アジの泳がせ針かエギのカンナかは

不明だったそうですが

針を含んだゲソを煮付けなどで調理していれば

そのまま口の中に入って流血・・・

最悪、胃の中に入って

大変なことになっていたかもしれません

恐~ろ~し~や~!!

針は簡単に伸びたり折れたりする

特に大型のアオリイカが釣れたとき

カンナは簡単に伸びます。

カンナ

その他、根掛りしてカンナが伸びるので元に戻す

それを繰り返したら金属疲労で簡単に折れます。

あと、潮の影響で腐食し折れる。

これは、私が持っているエギのカンナです。

008 (1)

決してデフレエギではありません。

1個1000円前後のエギです。

カンナを指で引っ張ると

簡単に針が抜けます。

009

こんな腐食した状態のエギを使用し

大型のアオリイカがそのエギに掛かる。

そのまま釣れれば良いのですが針が抜け

バラシたりしたら、針はイカの体内に残ります。

その針が入ったイカを釣って

ゲソに触ったり食べたりすると・・・・

想像したら鳥肌がたちます

大型のアオリイカが釣れ調理するときは

くれぐれも気をつけてくださいね

スポンサーリンク