エギング アオリイカの釣果 2015.04.04

スポンサーリンク

いつも、ご訪問ありがとうございます。

よろしかったら、励みになりますので

応援のワンクリックをお願い致します。

              

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

にほんブログ村

2015年4月4日

場所:大分県佐伯市方面

潮   :大潮

天気:雨後晴れ

釣果:アオリイカ2杯

スポンサーリンク

今日は、いつもより早く出撃。

現地にAM3:00到着です。

道中、雨が降っていて心配しましたが

到着時には雨も止み雲の切れ間から満月が顔を覗かせます。

003

前日からの風が残っていて、おまけにうねりが超高く釣り辛い状況です。

8mの防波堤上部に波が届きそうな勢いです。

風にもめげず、波にもめげずシャクリます。

しかし、ま~ったくアタリがありません。

途中で雨が降り出しめげそうになりましたが

夢の4キロオーバーのため必死に頑張ります。

辺りが明るくなって、エギンガーとヤエン師が続々と現れます。

釣り場には8名のアングラーが居ますが、皆さんアタリがありません。

気がつけばAM10:00です。その場所で7時間もシャクッていました

ここで、このポイントに見切りを付け何時ものランガンスタイルに切り替えます

先ずは、米水津を回ります。

アングラーは、ちらほらで誰も居ないポイントがかなりあります。

で、入ったのがココ貸切です。

008

手前にウイードがあり、見ると小イカがチラホラ。

マグキャストをチョイ投げすると小イカがわさわさ湧いてビックリ

ちょんちょんと2回シャクッてステイさせると一瞬で乗りました。

007

撮影後、リリースしたら元気に泳いでいっちゃいました。

この一帯では、既に秋が始まっています。

堤防の先端に移動し海面を見て、またビックリ。

ウイードの下に500gサイズのアオリイカが10杯以上。

009

偏光では見えましたが画像では全然分かりません

マグキャストをアオリイカの後方にキャストしてジャークさながら横を通すと

全てのアオリが、ゆっくりマグキャストから離れていきます。

2年前までは見えイカのスクールがあり、そこにエギを投入すると

必ず2~3杯のアオリがエギをチェイスする光景が見えました。

しかし、最近ではその光景を見るのは皆無です。

そう感じているのは、私だけでしょうか?

イカが、遊んでくれないのでポイント移動

しかし、ここでも釣れません。

012

次は鶴見回りのココです。

014

イカの姿も見えません

釣れてないのでしょうか?

天候が良いのに人っ子一人居ません。

最後は、ココです。

013

マグキャストをフルキャストで遠投しシャクって来ると

後方から黒い物体が3つ接近して来ます。

その中の1つは明らかにキロオーバーのアオリです。

足元の中層でマグキャストをステイさせると

沖の方へゆっくり帰っていきます。

ならば、再びキャストし足元までシャクッてアオリ3杯がエギを

追尾していることを確認し今度は海底のゴロタ石の上でステイ。

すると、ゆっくりマグキャストへ近づきますが一定の距離から近づきません。

これから、アオリとの根競べです。

接近戦から1分以上経ったでしょうか?

ステイ中のマグキャストをほんの少し動かすと(これがリアクションバイトのキモです)

3杯の中でも一番小さい、小さい小さい

のがマグキャストにタッチしてしまいました。

016

前回の釣行と同じパターンです

やさしくリリースしてお帰りいただきました。

毎回言っていますが、次回こそデカイカと巡り逢いたいと思います。

スポンサーリンク