エギング PEラインを長期間使用する方法

スポンサーリンク

いつも、ご訪問ありがとうございます。

よろしかったら、励みになりますので

応援のワンクリックをお願い致します。

              

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

にほんブログ村

スポンサーリンク

今やエギングで必需品

となっているPEラインですが、各メーカーさんが

特徴あるPEラインを販売しています。

皆さんは、どこのメーカーの何をお使いでしょうか?

コストで選びますか? それとも強度で選びますか?

私がエギングを始めた頃は、低価格のPEを選んでいました。

安くても良いものは有るかもしれませんが、私の感想として

安物は頻繁に高切れを起こします。

高切れするということは、お気に入りのエギを

ロストすることになり、高切れする度に高価なPEと同額

もしくは、それ以上になります。

価格が少々高くても6本編み~8本編みのPEラインをお勧めします。

そこで、私が紹介するのがこちら

001

DAIWA UVF エメラルダス 6ブレイド+Si

他のメーカーと平行して使用しているのですが、

今まで1回も高切れしたことがありません。

岩に付着している牡蠣の跡や藤壺に絡まっても切れません。

実に強度な作りを実感しています。

価格は高めですが、長期間使用できれば

割高感は無くなると思います。

長期間使用する方法①

釣行前に必ずこちらをPEラインに吹付けます。

003

そして、帰宅したらPEラインをシャワーで水洗いします。

この方法で一年以上普通に使えます。

1年を越えてPEラインに、よれや捩れが発生したら交換時期ですが

長期間使用する方法②

よれや捩れが発生しているPEの先端側を

こちらに取り付け

002

第一精工の高速リサイクラー

空スプールに2回巻き取り、一旦ぬるま湯に漬け潮抜きをします。

PEラインを十分乾燥させ、よれた側からリールのスプールに

巻きつけます。

こうすることで、約3年PEラインを使用することができ

低コストとなります。

これも、高切れしないからこそ成せる方法です。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク