エギング アオリイカの釣果 2015.04.18

スポンサーリンク

いつも、ご訪問ありがとうございます。

よろしかったら、励みになりますので

応援のワンクリックをお願い致します

   

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

にほんブログ村

2015年4月18日

場所:大分県佐伯市方面

潮   :大潮

天気:晴れ

釣果:アオリイカ1杯 コウイカ1杯 ティコ1杯

スポンサーリンク

今回でDUELブログモニター5釣行目です。

AM5:00 現地到着

先週とは打って変わって風、波、雨、無しの絶好のエギング日和です。

P1020113

PEラインがティップから海面に向け真っ直ぐ垂れて実に気持ちが良いです

これなら、生命体のアタリを確実に取ることができます。

朝マズメの一投目は、いつも上層からFUE☆KINGでトレースすると決めています。

その一投目の3ホール中にガツンと、ひったくるアタリ。

即、アワセるとクイ~ン、クイ~ンと心地よいジェット噴射しかもデカイ

が・・・・・・次のジェット噴射が・・・・・・無い?

まさか?もしかして?海面に姿を見せるとクルッと1回転

あっちゃ~ またしても奴です。

P1020111

ヒットエギ EZ-Q マグキャスト オールマイティーマスター

いつ見ても厳つい顔をしています。

上層で釣れるとは、どんだけ高活性やねん。

時合いを逃すといけないので即キャスト~

次は、中層をトレースします。

シャクリ&ホールの繰り返し中、シャクッた後に違和感?

藻でも拾ったのかな?っとエギを回収すると

なんとティコです

P1020115

ヒットエギ EZ-Q マグキャスト 濁り潮マスター

ティコさんも高活性です。

サイトにはエギンガーが10人以上居ますが

皆さん、アオリは釣れていません。

このエリアは基本回遊待ちなのでシャクリ続けます。

潮は左から右に効いています。

AM9:00に潮の流れと同調しアオリイカが回遊してきました

視界で認識できる近さです。サイズは500g~キロクラスが6杯程。

それを必死で狙いますが、イカさん無反応です

AM10:00迄粘りましたが、このエリアに見切りをつけランガンします。

次のポイントはここ

P1020122

ここから、急に風が強くなってきます。

風予測では風速10m/s

PEラインが風にあおられ全く釣りになりません。

P1020124

次のここもダメ、釣りになりません。

なので、風裏を求めポイント移動

で着いたポイントがここ

P1020123

風は多少凌げますが、イカの魚影は無くノーバイトです。

移動しようと車に向かう途中、地元のお爺ちゃんが話しかけてきます。

お爺ちゃん『兄ちゃん達は何釣りかえ?』

私『モイカですよ

お爺ちゃん『モイカかえ、最近モイカは全く釣れてね~よ』

私『そうですか』

お爺ちゃん『釣れんから漁師もモイカ釣り止めたよ』

だって、テンションを下げてくれるお言葉ありがとうございます

気を取り直して、ポイント

次も風裏のポイントです。

P1020125

マグキャストをフルキャストします。

エギのフォール中、ふと足元のテトラ際の藻場をみると

黒い影が1つ2つ・・5つ アオリです。

サイズはどれも良型です。

即、エギを回収しアオリの後方3mにチョイ投げでホール。

するとアオリが一斉にエギの方向に向かいます。

これは、釣れるパターン

?・・・・足元にさらにデカイ黒い塊が

推定1.5kgはあるアオリです

エギを高速回収します。

するとエギの方向に向かっていたキロ弱のアオリが3杯

エギをチェイスし自身のテンションもMAX状態

エギを回収しデカイカ後方にチョイ投げでホールしチョンチョンと誘います。

するとデカイのではなく、小さいのがエギを抱いちゃいました

2015.04.18

ヒットエギ EZ-Q マグキャスト 濁り潮マスター

しかし、嬉しい一杯です。

今年も県南で釣れるアオリイカの数は少ないのでしょうか?

スポンサーリンク