アマモ壊滅!!

ご来訪ありがとうございます

皆様から「ポチィ」を頂いて

私の活性が上がり、フィールドで

イカの活性を上げます?

これからも宜しくお願い致します

   

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

2018年4月22日

場所 : 大分県佐伯市

潮  : 小潮

天気:

釣果:タコ1パイ

水温:18℃

アマモの別名!

1ヶ月ぶりの更新です

皆さまイカがお過ごしでしょうか?

私は、至って元気です

釣行の前に

海藻のアマモですが

別名があることを

ご存知でしょうか?

スポンサーリンク

名の由来

和名は、地下茎を噛むとほのかに甘いことに由来するが、「海藻(あまも)」に通じるとの説もある。

岸辺に打ち上げられたの様子から、

リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ

龍宮乙姫元結の切り外し)という別名をもつが、これは最も長い植物名として知られる。ただし、長大語の実例として言及されることは多いものの、実際に使用されることはほとんどない。

超長~い

昔々のその昔

佐伯の殿様、浦でもつ

と言われていましたが

海辺に打ち上げられた

アマモを

お殿様に献上していたそうです

その使い道は、田畑の肥料

地元のおじいちゃんが

熱弁されていました

そのアマモが危機的な状況です

毎年この時期、足繫く通う

実績ポイント

年々、アマモが減り続け

今年に至っては

とうとうゼロ

一本も生えていません

キャストの度に

エギのカンナに

アマモが絡んで

超~うざかった頃が

やけに懐かしい~

地球温暖化の影響か

海流の影響か

津波工事の影響か

本日、このポイントで

AM5:00~AM8:00迄

粘りましたが、回遊は0

非常に厳しい状況です

田んぼみたいに

苗植えできれば良いのですが

アマモを訪ねて三千里

海藻を求めて北上中

とある米水津のポイント

アオリのチビッ子が

うじゃうじゃ?もじゃもじゃ?

大量発生中

すくすくと成長しています

そこでの一投目

なんの異常もなく

エギは足元まで

足元にゴロタ岩があるので

高速でエギを回収すると

追尾のアオリ発見

推定キロ前後

イカと目が合うと

ゆっくりとイカは後退

その後、数回チャレンジするも

異常無し

次はボトムを念入りに

すると微妙なアタリ

で、回収すると

ティコちゃんです

お帰りいただきました

更に北上して

こちら

風が強くなったので

イカ墨を確認するため

ロッドを持たず向かいます

防波堤に上がると

ここの赤丸に

アオリイカのスクール

1パイはキロクラス

後の7ハイは500g

猛ダッシュでロッドを取りに車へ

スクールポイントへ戻ると

既にイカはドロン

相変わらず

運がありません

この後、数か所のポイントで

打ちますが残念な釣果になりました

でも、元気なアオリを見れたので

良しとしましょう

スポンサーリンク